毎日の食事管理が大変な腎臓病|宅配サービスを利用すれば楽ができる

コントロールが大切です

夫妻

減塩が基本です

腎臓病は、日々の食事が非常に大切な病気です。塩分量やたんぱく質の量、脂質の量をコントロールすることが症状の悪化を抑える大切な要因になります。きちんとコントロールできていれば、症状を維持できますが、塩分を取り過ぎたり、たんぱく質や脂質の量が増え過ぎたりすると、症状が悪化することがありますので注意が必要です。症状によっては、水分量やカリウム量の制限が必要になる場合もあります。さらに摂取カロリーや栄養素の制限が加わることもあります。このようなことから、腎臓病の食事は食材や調理法など専門的な知識が必要になる場合もあり、非常に管理が難しい一面があります。医師や管理栄養士との連携も欠かせないものになります。

宅配サービスのあります

腎臓病の食事作りは、非常に神経を使います。塩を用いての味付けが制限されているので、味噌や醤油の使用はできるだけ控える必要があります。肉を調理するときには、脂身を丁寧に取り除く必要がありますし、量を食べ過ぎないようにする必要もあります。このようなことから腎臓病の食事の味付けは、レモン汁やお酢をもちいたり、香辛料を工夫したりして、塩分中心の味付けを避けなければなりません。食事療法が必要な腎臓病患者のために、管理栄養士がプロデュースした食事を提供する宅配サービスもあります。このサービスを利用すると、食事作りのストレスから解放され、安心してリラックスしながら食事が楽しめるようになると好評です。申し込みはインターネットで行えます。

日頃から意識して予防する

ご飯

毎日の食事は、血圧を下げるためにとても重要となります。しかし、毎日の食事においても塩分の摂り過ぎには注意しなければなりません。そのため、最低限の知識は知ってことが大切です。血圧を下げるには調理方法を工夫し、塩分を控えるようにしましょう。

もっと見る

血圧についての知識

和食

成人病の1つである高血圧は、血圧の数値が高いことで高血圧症と診断されます。また、血圧が高いと危険な病気になりやすくなるため、早めの治療が必要なのです。血圧は常に確認して、体調管理を行う事で予防ができます。しかし万一、高血圧になった場合は、投薬は少なくして自分の生活を見直す事で回復させる事が重要です。

もっと見る

症状が進行しないよう

配達員

糖尿病を発症させてしまうと完治することはなく、進行を食い止めることが重要になります。血糖値を上げないように食事は糖尿病食に変更します。今は様々な会社から糖尿病食の宅配サービスがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。

もっと見る