血圧についての知識|毎日の食事管理が大変な腎臓病|宅配サービスを利用すれば楽ができる

毎日の食事管理が大変な腎臓病|宅配サービスを利用すれば楽ができる

血圧についての知識

和食

血圧が高いとされる基準

通常、病院に行くと血圧を測定されるケースが多々ありますが、高血圧と言う言葉を良く耳にします。これは、成人病の1つにもなっており、危険な症状の1つになります。血圧は健康な人では、最高血圧が、120mmHg以下で、最低血圧が90mmHg以下で推移していますが、高血圧になると、最高と最低の数値以上になる事を意味します。最高血圧で140mmHg以上になると完全に高血圧症と診断されます。又、日本では男性で45%、女性で35%が高い血圧の保持者となっております。血圧が高い場合は、体にとっては非常に重要な心臓や循環器、血管等の病気を発症しやすい要因になるので、発症が見つかった場合は早期対応、早期治療が重要なポイントになります。

高い血圧の種類と治療

高血圧には2種類に分かれると言われており、特に多いのが生活習慣から来る物が90%を占めています。もう1つの種類は簡単に言うと何かの原因から引き起こるものと判定しています。治療については、生活習慣から来るものは、食事療法と降圧薬の投薬を含めた治療を行い、経過観察を行い対応します。もう一方は、発生原因を確認して、その原因を直接治療する方法を行います。高血圧に対する予防と発症後の体調管理は、先ず予防としては食事に気を使う事が大切であり、塩分、糖分を取る量に気を使う事と適度な運動を忘れない様にする事になります。発症してしまった場合、1つは食事療法で投薬は極力抑えて治療する方法がベターです。投薬に頼りすぎると逆に、日頃の管理を怠ってしまいがちになります。後、毎日の血圧を血圧測定器で測定し、自分の状態を常に管理する事で、回復する方法をとります。